Suica_Onoの履歴書

双極性障害(躁うつ病)を患い、治療しておりましたが就職が決まりました。過去のことを思い出して書いたり、思い浮かんだことを書いたりしています。

国家公務員障害者選考採用者としての新生活

4月から新生活を送っている。採用されてからおよそ2か月が経過した。

正直、結構きつい。辞めたいとは今のところ思っていないが、これまでの自分だったら辞めていたかもしれない。働くことは大変だ、と改めて感じている。

私は就職する前、2019年3月まで1年間、就労移行支援という福祉サービスを利用していた。ここでの生活は、下記の通り。

09:30〜10:00 施設へ入室

10:00〜12:00 午前の活動

12:00〜13:00 お昼の休憩

13:00〜15:00 午後の活動

正味4時間ほどの活動を週5,6のペースで行っていた。

それが4月からは7.75時間勤務(8:30〜17:00,うち45分間は休憩)になった。およそ倍の活動時間であるから、疲れて当たり前だとは思う。それは主治医にも言われた。

ただ、就職活動をしていた時の自分はフルタイムでも全然働けると思っていた。それは間違っていたと、4月以降に感じた。

理由は、以前の調子が良かった頃の自分の姿を描いていたから。おそらくこれに尽きるだろう。いわゆる「軽躁状態」の自分を描いていた。就労移行支援のスタッフに「フルタイムで働くことに、なんでそんなに自信があるのか」と聞かれたことがあった。

その質問をされるのはもっともなことだ。就労移行支援での活動時間の倍の時間を勤務することになるのに、自分は健常者と同様に働けるだろうという、根拠のない自信があった。

実際に働いてみると、スタッフに指摘されたことは全くその通りだったと感じた。今はまだ研修中なので負荷は少ないはずなのだが、それでも丸一日集中し続けるのは非常に疲れる。

就労移行支援のサービスを利用していたから、なんとか踏ん張ることができているということは確かだ。もしサービスを利用せずに不規則な生活を送っていたら、今以上に体力は低下していて、すぐに辞めるようなことにもなっていただろう。

就労移行支援のスタッフには、現在も引き続き定着支援という形で定期的にビデオ通話で面談を行い、上司にも内容を共有してもらっている。

自分が利用していた他の福祉サービスのスタッフへ電話で相談することもできるため、支えてくれる人のおかげで自分はなんとか生活できている。本当に有難いことだ。

これまでの自分であれば、ひとりで悩み、ひとりで決断して勝手な行動を取り、人や会社に迷惑をかけていた。今回の就職に関してもそうなるリスクはないとは言えないが、少なくとも以前よりは低い確率だろうと思う。

せっかく掴んだチャンスなので、できる限り食らいついていきたいと思っている。必要な配慮については随時相談して、限界になる前に対処していきたい。

国家公務員障害者選考試験(その2)

次回に続くと書いてから2週間以上経ってしまった。明日からは晴れて国家公務員となるが、その前に書ける範囲で振り返っておきたい。

2月3日に第1次選考試験が行われて、およそ3週間後の2月22日に第1次選考合格者発表が行われた。10:00にWebで発表されるということで、人事院のホームページを何度もリロードした。

10:00ちょっと前だっただろうか、合格者発表のページにアクセスできた。受験番号を探す。…あった。驚きと喜びが交錯した。自己採点では30問中19問正解だったから、正答率は63.3%。一般的な公務員試験では7割得点できたら大丈夫と聞いたことがあったので、ダメかなと思っていたがなんとか通過することができて本当に良かった。

人事院が公表した「平成30年度障害者選考試験 第1次選考通過得点及び平均点等一覧」

https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/senkou/senkou_heikin.pdf

によると、試験の区分・東北においては合格最低点は16点だった。しかし激戦区の近畿においては22点取らないと合格できなかったようだ。

この差については特に言及しないが、運良く第1次選考を通過できたのは確かだった。合格発表を確認後、就労移行支援の支援員に相談しながら面接の予約を始めた。

第1志望の官庁にまず電話をしたが、何度かけても話し中。ライバルが多くいるのだろうと感じた。何度か電話して、無事に面接の予約を取ることができた。

実は面接開始となる2月27日には民間企業の面接も控えていた。そのため2月28日以降に面接予約をしていこうと思ったのだが、多くの官庁は2月27日と28日しか面接を受け付けていない。そのため、自分はその2日間に面接の日程を詰め込み、6つの官庁を訪問することにした。

面接を受けると決めたら、ほとんどの官庁では「面接カード」という履歴書兼職務経歴書のような書類を求められるため、その作成にあたった。就労移行支援の支援員にも協力していただき、志望理由や自己PRを練り、面接に備えた。

そして迎えた面接初日。初めて訪問した官庁の面接は、面接官が会話をリードしてくれて、とても話しやすかった。簡潔に答えてくださいと告げられていたので、リズムよく答えるよう心がけた。

次に訪問した官庁では、あまり予想していなかった質問をされて少し戸惑ったが、無事に終えることができた。同席してくださった就労移行支援の支援員によると、「疲れが見えていた」とのこと。笑顔で話していたつもりだが、疲れが出てしまったのだろう。

面接2日目。朝早くから面接があった。ここでもやはり鋭い質問を投げかけられる。自分なりの返答をその場で用意した。相手が自分に興味を持ってくださっていることが伝わってきて、嬉しかった。

そして迎えた大本命・第1志望の官庁。時間にゆとりを持って庁舎に到着していたため、気持ちにゆとりがあった。控え室で待機したあと、ほぼ予定の時刻に呼び出される。気合いを入れ直した。

面接室に入室したら、業務説明会でお会いしたことのある方が面接官だった。私のことを覚えていてくれて、その話もすることができた。

面接は終始和やかなムードで行われた。リラックスして答えるように促されるなど、自分にとってかなり自然体で答えることができた。

そして面接終盤。他機関から内定をもらっていないか確認された。「キタ!」と思った。他機関から内定をもらっておらず、もしこの機関で内定を出したら他は断ることを約束した。

そして告げられた、「内定です」

再び、キター!と思った。その場で告げられるのか、と驚いたが内定らしい。その後様々な説明を受け、部屋を後にした。

内定を受諾したため、選考中の他機関には辞退の連絡を入れる必要がある。午後一番に受ける予定だった機関にすぐ連絡を入れた。「おめでとうございます」と言われた。就労移行支援の事業所に戻ってから他の全ての機関に辞退の連絡をして、非常に長い就職活動が終わった。

あす、4月1日には国家公務員になる。自分は出だしで躓くことが多い。時には人に頼りながら、あまり無理せずにやっていきたい。

国家公務員障害者選考試験(その1)

2年2か月にもわたる無職生活にピリオドを打ち、4月1日から国の機関で働くことになった。

公務員試験を受けようと決意したのは2018年12月。障害者選考試験が行われるということは10月に決まっていたが、試験を受けようと思ったのはしばらく経ってからだった。

自分はこれまで公務員になろうと思ったことはなかった。なぜなのかは良く分からないが、試験勉強が大変だし、なんとなく選択肢から外していたように思う。

正直、民間の企業では就職が難しいだろうということは感じていた。障害をオープンにして障害者求人にチャレンジしてきたが、なかなか結果が出ず心が折れそうになっていた。

そんな中で障害者選考試験を実施するという情報が舞い込んできた。高卒程度試験ということに加えて、問題数は通常よりも10問少ない30問。これならいけるかもしれない。筆記試験さえ通ればあとは面接勝負だと思い、チャレンジすることにした。

試験を受けると決めてからは、必ず毎日勉強するようにした。受験生としては当たり前の態度であるが、試験勉強をするのは久しぶりだったので少しずつ勉強するリズムを作っていった。

 

今回の障害者選考試験では、知能分野15問、知識分野15問の計30問が出題されると発表されていた。

特に苦労したのは知能分野の数的処理(数的推理)。中学受験のような算数問題(仕事算・速さなど)や高校レベルの数学(場合の数・確率など)の問題が出題される。

自分は高校3年から文系科目に絞って受験勉強していたため、数学の知識がごっそり抜け落ちていた。そもそも"数学"を必要としない問題もあるのだが、どうしても苦手で最後まで克服できなかった。その結果、本番では4問中1問しか正解できなかった。(本番の結果は自己採点の結果を記載している)

数的処理で得点できないと思った分、同じく知能分野の課題処理(判断推理) には力を入れて勉強した。自力で解けるようになるまで参考書の問題を繰り返し解いた。本番では5問中4問正解できたので問題演習の甲斐があった。

文章理解に関しては5問パーフェクトだった。国語と英語は得意なので無難に得点できた。知能分野は15問中10問正解だった。

知識分野については、範囲が広すぎる(高校レベルの国語・数学・英語・理科・社会)ため対策のしようがなかった。数学は出ても1問だと思い捨てていた(本番では出題されず)。

理科もほぼ諦めていたが生物は履修していたこともあり多少は知識があった(本番では1問出題され正解)。社会は日本史・世界史・地理についてサラッと学習はしたがいかんせん範囲が広すぎてキツかった。

本番では知識分野15問中9問正解だった。知能分野と合わせて19問正解。ケアレスミスで3問落としたことに自己採点で気がつきかなり凹んだ。

そこから第一次選考通過者発表までの2週間あまりはダメなのかな、もしかしたら受かってるかな、と不安8割・期待2割くらいの気持ちで過ごした。

次回に続く